「らむね的通販生活」はカタログ通販・オンラインショッピング・海外通販・お取り寄せなど通信販売を楽しむ人のための総合情報サイト

らむね的通販生活


2017年03月20日

ミュシャ展の図録をAmazonで購入

ミュシャ展、見に行くのが楽しみです。以前のミュシャ展も見ていますが、図録を買うのは初めて。

展覧会の図録としては驚異的な売上を記録したそうな、昨年の若冲展の図録。私は重いのをうんうん言いながら、会場で購入しましたが、日経のサイトでもかなり売れたそうです(すでに売り切れ)。これ、すごい図録で、動植綵絵が本当に見事。これ、どんな絵本よりも素晴らしい情操教育になると思います。

ミュシャ展の図録も表紙からして素敵。

会期中の展覧会の図録をAmazonで購入できるなんて、いいですね。だって、重いんだもん。図録。先に読んで予習してからじっくり見るというのもいい。

ただ、わたしが購入したときは表示されていなかった、「一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。」という注意書きが現在表示中(3月20日現在)。なので、確実に買うなら、やっぱり現地で購入をおすすめします。

図録を買ったらおすすめするのが、とにかく一番気に入った絵にポストイットを貼っておく。できれば、PinterestにPINしておく。私設美術館が少しずつできていきます。素敵ですよ。

[ ◆本 ]
blank_space
2017年03月14日

「売れるECサイトのすごい仕掛け」のインタビューに登場しました

「売れるECサイトのすごい仕掛け」(翔泳社)の定点観測「越境EC」(66〜69ページ)のコーナーに、インタビューで出演しております。

最近のECのトピックが、当事者の生声でまとまっている、すごい仕掛けの本です。


blank_space

女性セブン3月9日号に取材協力しました

女性セブンの「顧客満足度第一位は!!」(137〜140ページ)という特集にコメントを寄せています。コンビニ、スーパー、ファミレスなど18種の業種について紹介されており、そのなかの通販にコメントが採用されております。

元の顧客満足度調査は、サービス産業生産性協議会が発表したもの。非常に項目などがきちんと評価されているので、ぜひご一覧を。

blank_space
2017年02月27日

「騎士団長殺し」一気呵成に読んだ

一気に読了。

村上春樹についてはハルキストではなく、作品ごとに是々非々です。3つのタイプがあって

●Aタイプ
あまりに面白くて一気呵成に読む。

●Bタイプ
あまりにつまらなくて、さすがに次のページにはおもしろいことがあるんだろうと、一気呵成に読む。

●Cタイプ
合わない。読むのをやめる。

騎士団長は、まさにAタイプ。
次に何が起きるのだろう?と、一日で読み切った。

村上春樹の魅力は、父性の欠如だと思う。
いつまでも子供っぽい、息子から父なるものへの視点。
熟成しない、半ナマな感じ。
これが、世界に熱狂的に受け入れられているんだと思う。

「多崎つくる」は、父性の欠如が悪く出てしまった。
正直、本当に面白くなかった。

でも、「騎士団長」は、ファンタジーとしての父性。
「娘」というファンタジーを発見した。

座りのいい父性ではない。
非常に不安定なゲル状の父性。

でももしかしたら、娘に対する父性というのは、実際に父親であろうが、そうでなかろうが、ゲル状なのかもしれない。

そういうものを置いといても、非常にエンターテイメントとして、純粋に、次のページを捲らせる力の強さ。
ラストも好きですよ。サリンジャーの「最後の休暇の最後の日」を彷彿とさせます。

ベストセラー。
ぜひお近くの本屋さんで買ってくださいな。

そして、村上春樹といえば、作品に出てくる音楽が特徴的。

私も音楽が出てくるたびにポストイットを貼ってみた。

重複する音楽がかなりあって、何度も出てくるのが

■ばらの騎士 リヒャルト・シュトラウス
ゲオルグ・ショルティ

■弦楽四重奏曲15番 シューベルト
ウィーン・コンツェルトハウス

そもそも、騎士団長というモチーフはドン・ジョヴァンニから。

■ドン・ジョヴァンニ モーツアルト

これから少しずつ、作品に関連する音楽も楽しみたいと思います。

私、この騎士団長殺し。かなり好きです。
もう一度、ゆっくり読みたい。

[ ◆本 ]
blank_space
2017年01月19日

有本農園のフルーティーな梅酒

昨年の年末、日本百貨店の6周年パーティーに行ってきました。日本百貨店というのは、秋葉原駅の線路の下の、パラダイス。とにかく日本全国のおいしいものがいっぱいの、夢の様なショップなのです。こちらの紹介はまたいつかゆっくりとしたいのですが、パーティーとってもフレンドリーで素敵でした。

そこで、なーんかヘンな若ものが、楽しそうに自分の農園の梅酒を売ってる!これはと思い、早速購入。日本酒で作った白ラベルが4320円、焼酎で作った黒ラベルが3240円。当然、買ったのは黒ラベル^^;。白ラベルのほうが、ふわーっとした芳香がすばらしかったです。

生産者の顔が見えるっていうけど、ほんと有本にいちゃん、すっごくファンキーで人懐っこくて、素敵でした。独身だそうです。

冬なので、お湯割りで飲んでます。体があったまっていいですよ。すっごくおしゃれな面構えのボトルなので、プレゼントにも万全対応です。

有本農園公式サイト


公式オンラインショップ

ショップで購入するなら日本百貨店しょくひんかん

blank_space
このサイトについて
blank_space
カテゴリー別アーカイブ
blank_space


月別アーカイブ
blank_space


相互リンクブログ
このブログを登録 by BlogPeople

掲載希望の方は、当サイトをリンク後に info@lamune.comまでご連絡ください。
blank_space